こんにちは!きみさなです!

buymaではショッパーさんの販売促進のために、色々なサポートをしてくれます。

buyma初心者の方にとって、初めは商品選びから商品のデータ入力作業などだけでも大変だと思います。出品するとすぐに事務局からサポートの連絡がもらえ、色々と相談やアドバイスを頂けます。その他に、クーポンの発行で販売の促進のためのサポートもしてもらえますので、ぜひ積極的に活用していきたいところですね。

buymaではクーポンを利用して購入する人が増えています。同じ商品なら少しでも安く手に入れたいですよね。そこで、buymaでクーポンを上手に活用して、販売促進に繋げていく方法について紹介していきます。

クーポンの種類って!?

buymaのクーポンは大きく分けて、2種類あります。

buymaが発行するクーポンと出品者が発行するクーポンです。

まずはこの2つのクーポンの違いを説明していきます。

buymaが発行するクーポン

buymaが発行するクーポンとは、buyma運営側が発行するクーポンで、クーポン利用の割引額をbuymaが負担してくれます。

buyma発行のクーポンにはいくつか種類があるので見ていきましょう。

・イベント用に発行されるクーポン

季節ごとのイベントに沿ってクーポンが発行されます。ホームページのトップページから確認することができます。

・ブランドに対して発行されるクーポン

buymaはブランド商品を多く取り扱っています。高額な商品などもあり、クーポンでお得に購入できることをアピールし、販売につなげていけます。

こちらは「クーポンリスト」から確認できます。buymaが注目しているブランドにクーポンが発行されるので、商品選びの参考にするのもいいですよ。

・メルマガ限定クーポン

お客様が「欲しいもの登録」している商品に対して発行されるクーポンです。

販売期限が切れる前日に発行され、購買意欲を誘います。

・その他のクーポン

お友達紹介クーポンとラインお友達クーポンがあります。

お友達クーポンでは、紹介した方と紹介された方双方に1000円分、ラインお友達クーポンでは、双方に500円のクーポンが発行されます。

buyma発行クーポンには有効期限が設定されていて、利用は一人一回のみになります。

複数のクーポン、ポイントの利用はできないので、注意してくださいね。

出品者が発行するクーポン

こちらは出品者が目的に応じて発行するので、割引額を自分で設定することができます。

利用回数や、対象商品を絞るなど販売促進に上手く活用していきましょう。

*ポイントとの併用が可能です。

出品者が発行するクーポンには、2つ種類があります。

購入者を指定して発行するクーポンと、購入者を指定せず誰でも使えるクーポンがあります。

・購入者を指定するクーポン

購入者を指定するクーポンの購入者の選びかたは、購入者IDで指定して発行します。購入歴がなくてもID さえわかれば指定可能です。

月に何回でも発行できるので、販売促進のための発行の他に、リピーター様への特別な配慮や、まとめ買いの促進、トラブル時のお詫びなどに発行するなど、目的に応じて発行することができます。

・購入者を指定しないクーポン

購入者を指定しないクーポンは、購入者全員に発行するクーポンで、誰にでも使えるクーポンです。月2回まで発行でき、利用可能な期限は1週間です。利用回数は会員一人につき一回までとなります。利用期限が短いので、発行するタイミングを見極めるなど工夫をしてみましょう。

ただ、割引額は出品者負担という点を理解した上で、上手く活用しましょう。

クーポンの発行方法

まずはマイページから販促ツール 「クーポン管理」をクリックして、「クーポンを発行する」をクリックします。

そして必須項目を入力します。(アイテムを限定したい場合は、「カテゴリ」「ブランド」を    設定する)入力内容を確認したら、「入力確認を確認する」をクリックして、「この内容で確定する」をクリックします。

以上の手順でクーポンが発行されます。

*クーポン発行後は修正することができないので、内容に間違いがないかの確認をしてから

発行してください。

割引情報の設定方法

「出品者からの割引情報」を設定すると、商品ページに割引情報を表示することができます。

まずはマイページのアカウント情報から、「PR登録・特定商取引方の設定」をクリックして「出品者からの割引情報」に割引内容を入力します。

その後、「公開する」を選択し、保存ボタンを押します。商品ページに「出品者からの割引情報があります」とリンクに表示されます。

まとめ

buyma副業で収入を得るために、売上を伸ばしていく一つの方法としてクーポンは必要だと思います。buyma発行のクーポンなら自己負担がないので、どんどん活用しましょう!

出品者発行のクーポンは設定した割引額が自己負担になるので、利益が減ることを考え、設定金額を変更したりクーポン発行のタイミングを工夫するといいでしょう。

また、お問い合わせ時にクーポンを告知したり、リピーター様限定クーポンを告知するのも他との差別化を図る、など販売戦略に活用していきましょう。

クーポンを発行することでアクセスアップや購入率アップにもつなげていけます。

ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの記事